MENU

インプラント

インプラント

インプラントとは、歯を失った部位の骨に人工歯根を埋め込みその上に人工の歯を取り付けるもので、自然の歯に近い咬合機能を取り戻すことが出来ます。
また、他の歯に害を与えないため、これ以上自分の歯を失わないようにするには、インプラントがお勧めです。 当院では、すべての患者さんが健康になるよう、スタッフ一同日々努力しています。

詳しくは、パーフェクトインプラントナビで

インプラント(人工歯根)による治療~失った歯の機能を取り戻す!

歯がなくなった場合、たとえ1本でも失ったままにしておくと、全体の噛み合わせに不調和を生じ様々な障害を生じるようになります。そのため、歯を失った場合、何らかの方法でその分を補わなければなりません。
少数欠損の場合はブリッジ(隣接する両側の歯を2本以上削って金属などをかぶせてつなげる方法)、多数歯の場合は入れ歯(取り外しをする義歯)となります。
しかし、ブリッジは健康な歯であっても削らないといけないこと、削った歯が過重負担による動揺や虫歯になりやすくなるなどの欠点があります。また、入れ歯は、自分で取り外しをする可動性のあるものであるため、噛む力は弱く、残っている自分の歯にバネをかけることによりその歯が早期にダメになること、審美的にも問題があること、違和感が強く入れていられないことなど様々な欠点があります。

他の歯に害を与えない、安全な方法です

インプラントは、失われた歯の本数が1本からすべてのものまで様々なケースに対応できます。
綿密な診査、治療計画のもと、顎の骨の中にチタン製の無害な金属ネジ(人工歯根)を埋入して、その上に人工の歯を繋げる方法です。ブリッジや入れ歯と違い、違和感は少なく、噛む力も強く、審美的にも優り、残っている他の歯に害を与えません。
むしろ、インプラントを入れることにより全体の咬合機能が回復し、それ以外の天然歯の動揺が改善するなど、他の歯をこれ以上失わないようにすることが期待できます。

恐怖心なく処置ができます

当院では、口腔外科専門医の技術により、無菌操作、安全な全身管理(各種モニター下の循環、呼吸管理)のもとに処置を行っております。また、鎮静法(笑気吸入鎮静法、静脈内鎮静法)を併用することにより、恐怖心なく処置を終えることが出来ます。
当院で使用しているインプラントは、ノーベルバイオケア社のブローネマルクシステムとリプレイスセレクト、Zimmer社のスプラインインプラントという世界的にも信頼されているものです。
これらを患者さんの状態にあわせて最適なものを使い分けています。

詳しくは、パーフェクトインプラントナビで